Seminnar

  • 2020/02/19


    イベントは温さんの「わたしの名前は導火線」という文章の朗読から始まった。
    https://www.happano.org/on-yuju

    この文章は、温さんの名前について書いたものだ。
    温さんの名前の読み方は、日本語では「おんゆうじゅう」、中国語では「オンヨウロウ」という。
    温さんの声は高くてとても澄んだ声。温さんは東京育ちだから、とてもきれいな標準語のアクセント。
    でも、温さんの声で聞いた中国語の温さんのお名前は、歌のような響き。


    日本語は2拍のリズムで平板な言葉、中国語は4声があって濁音がない音楽みたいな言葉。
    温さんの声で温さんの響きで響きもアクセントも違う二つの言葉が発音される。
    同じ人の声で、よく知っている耳慣れた言葉が、中国語読みになるときそこだけ知らない言葉になる。
    そのとき、二つの言葉の世界を行き来して生きてきた温さんの言葉の世界が、ぶわって押し寄せてきてきた。


    正しい言葉は一つしかないと思っていた。
    自分がカナダに行ったり、日本語教師の勉強をして、そうじゃないのはだんだんわかってきた。
    http://kokeshiwabuki.hatenablog.com/entry/2017/10/04/145940
    日本に住んでいると「正しい日本語」を使わなければいけないという規範をとても強く感じる。
    だけど、温さんのようなさまざまな言語の世界で育ってきた人の話を聞いていると、
    そうじゃないということが実感もって伝わってくる。


    例えば、温さんのお母さんはときどき日本語を話すとき、
    中国語の表現がまじって、「電気を開く」とか「空が黒くなる」と言うことがあるそうだ。
    こういう、元の言語の影響を受けるのは「母語の干渉」という。
    英語でごはんを食べる動詞は「have」だけど、「食事をとる」という日本語から 「take」を使うのがその例だ。
    だけど、それは日本語の表現を豊かにしているとも受け取れないか、と言っていた。

    栢木さんは、日本語で漢字の読みがいろいろあるのは、中国のいろんな時代の読みを取り入れているからで、「日本語自体複雑な来歴をもった言葉だ」と言っていた。
    また、移民一世はたいがい言葉で苦労する。
    「訛り」が仕事や生活のハードルとなり、ときには命を脅かすこともあるという。
    外国語だけでなく、日本語の中でもそれはある。
    司会の佐藤靜さんは秋田の人で、旧西成瀬村では都会に出て苦労しないように標準語教育が行われていた例を教えてくれた。
    http://nishinaruse.sakuraweb.com/kotoba/hojo01.html



    わたしは、若いころ自分の訛りが恥ずかしいと思っていた。
    わたしの地元の島では漁村と農村で言葉遣いが全然違う。
    島の場所でも、例えば北と南では全然違う。
    しかも、平安時代や昔の古い言葉が日常語として残っている。
    祖父母はそういう古代の香りが残る言葉を話していた。
    でもうちの外に出ると、年寄りの使うそういう言葉は通じないこともあって、
    標準的な地元の言葉に寄せて話した。
    進学で島の外に出ると「訛ってる関西弁」と言われるのが嫌で、標準的な関西弁に寄せて話した。
    東京に出ると「関西の人?」と言われるたびに気後れして、関西弁自体も話せなくなった。
    今思うと、「訛っている」と言われることが、自分が異物である、標準からずれていると言われているようで、いたたまれなくなっていたのだと思う。
    自分にとって、新しい環境になじもうとする努力が、言葉を身につけることだったのだろう。

    今思うとなんだか悲しいことだ。
    恥ずかしいことではなかったのに。
    でも、そうしていたのは、「正しい日本語」がどこかにあって、それを身につけなければいけないと思っていたからだろう。



    そういえば、カズオ・イシグロさんがノーベル賞を取ったとき、こんなブログを書いた。
    http://kokeshiwabuki.hatenablog.com/entry/2017/10/10/135906

    お名前を出してないが、この文章で「台湾生まれの作家」と書いたのは、温さんのことだ。
    この文章で、一つの国の中に、さまざまな来歴をもった作家がいてその国の言語で文学を書くことについてこう書いた。

    「それは純粋さが失われる悪いことじゃなくて、いくつもの文化が混じり合って新しいものを生む土壌を作る、とても豊かなことだと思う。

    だから、日本人や日本生まれの人以外が書いたり、日本人や日本生まれの人が他の言語で書くことも、日本語の表現や考え方を豊かにしていくことだと思う。」



    今回のイベントで、それは文学だけに留まらず個人にも言えることだと気づいた。

    人にはそれぞれ受け継いできた言葉の歴史があって、それは地層になってその人の言葉の中に受け継がれている。

    訛りは恥ずかしがることじゃなくてその人の受け継いできた言葉の歴史だ。
    人にはそれぞれ言葉の地層があって、それはその人独自のものだ。
    自分の「言葉の地層」を大切にし、互いの「言葉の地層」を尊重し合うことで、言葉はもっと豊かなものになっていくはずだ。



  • 2020/01/18

    みやこめっせで開催される文学フリマ京都に、フリーライターの江角悠子さん(@ezu1030 )と一緒にでます!


    江角さんの京都の洋館ZINEがガイドブック並にすごくて、
    洋館好き、京都好きの方にはかなりオススメ!
    https://w-koharu.com/archives/20190

    わたしは新長田のシングルマザーや女性支援団体のWaccaのみなさんと
    一緒に作ったZINE『Herstory』を持って行きます。

    HerstoryはHistoryのもじりで、さまざまな女性の幼年期から晩年期にいたるまでの人生の一こまが描かれています。
    一冊の本でまるで一人の女性の人生のようにも読めます。

    この本を作ったのは、Waccaさんでライティング講座をさせてもらったのがきっかけです。
    WaccaさんにはDVや離婚、引きこもりなどいろんな経験をした女性が集まります。みなさん辛い体験をするなか、自分の過去を客観視したり、手放すきっかけに「書くこと」が何か力になるのではないのか、ということで講座をさせてもらいました。

    自分の人生を振り返るワークをすると、みなさん人生の中でこのことを書きたい! というシーンをお持ちで、そこを膨らませて書いてみてくださいとアドバイスしました。

    どれも短いながらも、その人が生きている!ということが感じられる文章ばかりでした。
    みなさんやる気で、せっかくなので本にまとめようということになり、そしたら文フリで売ってみよう!ととんとん拍子に話がまとまりました。

    みなさん本になったのはもちろん、販売するということでかなりやる気になっていて、編集者って、こういう形で人の役に立つことができる仕事なんだなあとうれしくなった出来事でした。

    どんな人が手にとってくれるか、当日が楽しみです!
    会場でお会いしましょう!!

  • 2020/01/09

    岡山の衣服の企画会社イワサキケイコキカクの岩崎恵子さんが続けている
    「シゴトとセイカツとワタシ」というイベントで、
    「35歳からのハローワーク」についてお話させていただくことになりました。
    申し込みはこちら


    岩崎さんは、SAGYOという野良着ブランドや
    みんふというパジャマブランドを運営されています。


    日本のもの作りや、生産者さんたちの技術を
    次世代に継承することを考えながら、事業化するという
    ものすごく難しいミッションを、軽やかに、そして好奇心旺盛に
    やられている姿に、いつも刺激をいただいています。


    「35歳からのハローワーク」は、2017年からひっそりと
    『仕事文脈』という雑誌で続けている連載です。



    35歳以上で独立開業転職など、仕事を変えた人に話を聞くというもので、
    今まで日本語教師、古本屋さん、福祉施設職員、
    島に移住して仕事をつくり出した人、飲食業と、
    いろんな方のお話を伺ってきました。



    わたしは、2015年から17年にカナダに住んでいたのですが、
    そのときに高校、大学、就職とライフコースが一本道ではなく、
    働いてから大学に行ったり、
    途中で大幅なジョブチェンジをしたりという生き方をしている人が多くて、
    それに刺激を受けました。



    わたし自身も帰国後、35歳で日本語教師をやってみたいと思い、
    学校に通って資格を取って、フリーでライターと編集者をしながら日本語教師を始めました。



    日本だと、35歳以上の求人はぐっと減ることが多いです。また、35歳以上の転職はかなりリスクがあると言われています。
    しかし周りを見渡してみると、35歳以上で大きく生活を変えた人がたくさんいることに気づきました。


    わたしはカナダでの経験を通じて、
    新しく日本語教師をやってみようと思えました。
    そこで、今度はわたしがいろんな人の経験をシェアすることで、
    迷っている人や何かしたいと思っている人の、
    生き方のヒントを提案するお手伝いができればと思いました。

    なるべくこの連載では、ふだんメディアに登場しない市井の人の言葉を、
    出来る限り編集しないでそのまま届けることを心がけています。


    インタビューを受けるのが初めてという方は、
    堰を切ったようにお話しされます。
    仕事というのはその人の生き方に密接に関わっているものなんだなと、
    インタビューするたび身が引き締まる思いになります。



    このテーマでのイベントは初めてです。
    わたし自身の経験も踏まえながら、
    みなさんとこれからの働き方や仕事観について、
    お話しできたらうれしいです

  • 2019/12/31

    writing)
    好書好日
    1月 『まともがゆれる』木ノ戸昌幸さん
    「失敗しても大丈夫! 木ノ戸昌幸さん「まともがゆれる」に学ぶ力を抜いて生きるコツ」

    3月 「無数の意味に絡めとられた女性像を解きほぐす 「信仰」#3 谷澤紗和子×藤野可織展」

    5月 『ヤンキーと地元』打越正行さん
    「沖縄の若者たちの「地元」、先入観なく見続けた10年の成果 打越正行さん「ヤンキーと地元」」

    8月 「映画「天気の子」、民俗学で読み解いてみると…… 民俗学者・畑中章宏さんに聞く」

    10月 「『日本のヤバい女の子』はらだ有彩さん×『美容は自尊心の筋トレ』長田杏奈さんトークイベント 自尊心の種火を消さないで静かに抵抗する方法」

    https://editota.com/tag/%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5/page/2/

    ここここ
    1月 服部天神で喫茶店ピーコックを営むうえしばえいじさんインタビュー

    7月 谷町6丁目で2畳大学やコワーキングスペース往来を運営する梅山晃佑さんインタビュー

    https://editota.com/?s=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93


    連載
    Hello folks
    サウダージブックスのウェブマガジンで、カナダ滞在記を書いています。
    挨拶、空港、食べ物、コミュニティセンターで出会った日系人といった身近なことから外国人になることについて書いています。
    https://www.saudadebooks.com/blog/categories/hello-folks

    仕事文脈
    35歳以上で仕事を変えた人に話を聞く連載
    14号 島で仕事をつくる
    15号 飲食店経営
    https://editota.com/?s=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%96%87%E8%84%88


    その他
    3月 『出版ニュース』「編集者の日録」に働き方についての文章を寄せました。
    加筆してnoteに掲載しています。
    https://note.com/kokeshinikki/n/nc1d96014d0b7

    6月 『PHPスペシャル』特集「いいことも悪いことも自分が決める」に記事を書きました。
    https://editota.com/2019/06/20/494/ 

    10月 ALL NIGHT HAPS 2018 「信仰」アーカイブ冊子に文章を寄せました。
    https://editota.com/2019/10/16/all-night-haps-2018-%E3%80%8C%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%80%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E5%86%8A%E5%AD%90%E3%81%AB%E6%96%87%E7%AB%A0%E3%82%92%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/


    (book)
    10月 『彼岸の図書館』に青木真兵さんとの対談が掲載されました。
    https://editota.com/2019/10/04/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%8E%B2%E8%BC%89-12/



    edit
    6月 ニケシュ・シュクラ編、栢木清吾訳『よい移民』
    https://editota.com/2019/08/01/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%9C%AC%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

    12月
    『よごされた地球★たのしく学ぶ、これからの環境問題シリーズ』全3巻を編集しました。
    https://editota.com/wp-admin/post.php?post=730&action=edit



    seminer
    ・3月 女性のチャレンジ応援講座 @奈良 奈良女性センター
    仕事についてのお話と、少しみなさんで自分たちの人生を振り返るワークをしました。


    3月 ライターお悩み相談室 @京都 下鴨デリ
    ライターの江角悠子さんが月一で主催されている「ライターお悩み相談室」のゲストに出ました。

    ・4月 奈良で読書会開催@奈良 雨の日製作所
    奈良で移動古本屋をしているneniqriさん主催で読書会と、お話会。
    読書会はみんなで『愛と家事』を読む予定です。


    ・7月〜11月 「私を表現する」@新長田 wacca
    新長田にあるシングルマザーの就業支援や子どもの学習支援をしているWaccaさんでライティング講座をしました。
    表現することで、自分と向き合うという内容です。ZINE作成まで行い、2020年1月19日の文フリ京都で売る予定です。

    (event)
    ・1月 文学フリマ京都かぞくって、なんだろう展?」で出店

    ・2〜3月 うちへそとへ展@和歌山 プラグ、鳥取 汽水空港
    女性4人による作品展。『ふつうの非婚出産』櫨畑敦子さん、『めためたドロップス』寄稿者の奈良絵里子さん、日常記憶地図のサトウアヤコさんと絵や詩や小説やエッセイの展覧会をしました。

    ・9月 文学フリマ大阪「ヤキトリ倶楽部」で出店

    ・11月 ふうせんかずら一箱古本市で出店@奈良 ふうせんかずら

    (media)
    ・6月 『好書好日』で平野愛さん「私を本屋に連れてって」に登場しました。

    毎回素敵なゲストとステキな本屋さんに行く連載。他の回もとってもいいです。
    https://editota.com/2019/06/07/%E3%80%8E%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-7/

    その他
    名前の出ない校正のお仕事もいくつかしました。

  • 2019/11/27

    こんにちは。
    お仕事を頼んでみたいな〜と興味を持ってくださった方、
    こちらのページを訪ねてくださってありがとうございます。
    とってもうれしいです。

    いきなりライターに仕事を頼むなんて!  と思っている方もいるかもしれません。
    簡単な料金の目安と、どんな仕事ならお引き受けできるかをまとめました。

    もちろん、料金についてはあくまでも目安です。
    「太田さんに頼みたい!でも予算が…」、そういった場合でもご相談ください。一緒に実現できる方法を考えていきましょう。

    ・執筆
    1)インタビュー、座談会、イベントレポートなど
      5000字程度で3万円〜(目安)
    ※取材時間が長引く場合、資料購入が必要な場合実費をいただくこともございます。
    ※交通費別途。
    ※カメラマンの紹介も可能です。基本的に撮影はしません。撮影込みの場合は追加料金をいただくこともございます。

    2)エッセイ、書評など
      2500字程度で1.5万円〜(目安)
    ※媒体やテーマによっては条件に合わなくても検討したいと思います。
    また、文フリや一箱古本市に出る方が作る小冊子やZINEなどにも寄稿していきたいので、お気軽にお問い合わせください。

    3)ルポ
    今ある出来事や考え方の根っこには、これまでの歴史や現在の社会問題が関係していると思います。
    自分の興味、関心を持ったことに対して、インタビュー、フィールドワーク、文献を調べるなどして、自分なりのアプローチで解き明かしたいと思っています。
    今は2015年から2年間住んだカナダについての連載をしています。

    ほかに興味あるのはこんなテーマです。
    ・海外ぐらし、海外からの移民、海外移住 ブログを参考にしてください
    ・生き方
    ・今は衣服、食や料理といった生活のことについて興味があります
    ※載せてくださるメディアの方がいらっしゃったらご連絡ください。

    ・セミナー
    今までこのような会をやってきました。
     ・『愛と家事』を読む小さな読書会、お話会(5〜10人程度)
     ・書くことや本を作ることについての講演会
     ・参加者が実際に文章を書いて、1冊にまとめる講座

    ※公共機関や法人が主催される場合は、2時間3万円〜でお願いします。
    ※個人や書店様が主催される場合は、まずはご相談ください。実現できる方法を一緒に考えていきましょう。

    編集
    ・書籍編集、校正については新たなお仕事は受け付けておりません。
    ・冊子・カタログ編集についてはまずはご相談ください。執筆も可能です。
    ※遠方の2泊以上の泊まり取材ができる期間は3月末と9月末です。
    ※撮影、デザインはできません。ご紹介は可能です。
    ※企画〜発行まで最低3か月の余裕をもってください。ボリュームにもよりますが、それより短い期間ですとお引き受けするのは難しいです。