Information


2020/01/27

本を作って売ること

このあいだ京都のライターの江角悠子さんと一緒に、
1月19日の文学フリマ京都に出た。
江角さんは洋館好きで、洋館愛を詰め込んだ洋館ZINEを作っていた。

わたしは、新長田の女性支援団体Waccaでやった
文章表現講座に参加した皆さんと一緒に作ったZINEを売った。
講座の参加者の人がお手伝いで来てくれて、目の前で売れていて嬉しそうにしていたのが印象的だった。
やっぱり自分で作ったものが目の前で売れるってとってもうれしい。

そのあと1月22日には、作家のphaさんに誘われて、
歌人の枡野浩一さんがやっている枡野書店での古本市に参加させてもらった。
出店者は枡野さん、phaさん、文筆業の佐々木ののかさんとわたし。
わたしは人から預かってきた本や自分の本を売った。

枡野さんはブックオフとかで安く売られている自分の本を「エゴせどり」
といって買い集めたり、絶版になったりなりそうな本を自分で買い取って、
自分で売って人に読んでもらえるようにしているそうだ。

それからphaさんは出版社から本を出すほかに、
最近はZINEを作って文フリに出ているそうで、
文フリで売っていた本を販売していた。
phaさん目当てのお客さんが何人もいらっしゃって、すごいな〜と思った。

phaさんは最近は自分で作って自分で売った方がおもしろいなって言ってて、
そうか、phaさんのような売れっ子の人でも、出版社から出すより自分で出すことに意味を見出すようなことがあるんだと思って意外だった。

枡野さんはこれまでは、自費出版がほとんどの短歌界において、
商業でやってきたことを誇りにしていたけど、
同人誌みたいな形も考えてみようかなと思ってるって言ってた。

枡野さんって、今の短歌ブームの火付け役のような人で、
本も何冊も出しているし、phaさんも何冊も本を出していて次々文庫化されていてめっちゃ売れっ子って感じだ。
だけどわざわざ自分の伝えたいことを書くのに
同人誌を作るって方法を取るっていうのが意外だった。
逆に佐々木ののかさんは、ウェブで超売れっ子の人だけど、
わざわざ同人誌を作って売っている。

いろんな人がこうやって自分で作って売ってるんだと思うと、
『愛と家事』が商業出版で出せたから、
次も商業出版じゃないとってこだわってたけど、
そうじゃなくてもいいんだな〜という気持ちになってきた。

今はどっちでも選べる時代だし、下手したら同人誌で作った方が
実入りがよかったりする。
だから、変に商業出版にこだわらないで、
内容や読者層に見合ったやり方でやったらいいんだなって思った。

2020/01/25

『好書好日』で東吉野村で行われたブックマルシェ「山學 本の日」について書きました

『好書好日』で東吉野村で行われたブックマルシェ「山學 本の日」について書きました

いいねの数とランキングでは得られない本を求めて 奈良・東吉野の山奥のブック・マルシェ「山學 本の日」に行ってきた

出店者さまからも、新年に読みたいオススメの本を教えていただきました。

奈良・東吉野の山奥のブック・マルシェ「山學 本の日」 参加店舗オススメ「新年に読みたい本」

|
2020/01/18

1/19文学フリマ京都に出ます

みやこめっせで開催される文学フリマ京都に、フリーライターの江角悠子さん(@ezu1030 )と一緒にでます!


江角さんの京都の洋館ZINEがガイドブック並にすごくて、
洋館好き、京都好きの方にはかなりオススメ!
https://w-koharu.com/archives/20190

わたしは新長田のシングルマザーや女性支援団体のWaccaのみなさんと
一緒に作ったZINE『Herstory』を持って行きます。

HerstoryはHistoryのもじりで、さまざまな女性の幼年期から晩年期にいたるまでの人生の一こまが描かれています。
一冊の本でまるで一人の女性の人生のようにも読めます。

この本を作ったのは、Waccaさんでライティング講座をさせてもらったのがきっかけです。
WaccaさんにはDVや離婚、引きこもりなどいろんな経験をした女性が集まります。みなさん辛い体験をするなか、自分の過去を客観視したり、手放すきっかけに「書くこと」が何か力になるのではないのか、ということで講座をさせてもらいました。

自分の人生を振り返るワークをすると、みなさん人生の中でこのことを書きたい! というシーンをお持ちで、そこを膨らませて書いてみてくださいとアドバイスしました。

どれも短いながらも、その人が生きている!ということが感じられる文章ばかりでした。
みなさんやる気で、せっかくなので本にまとめようということになり、そしたら文フリで売ってみよう!ととんとん拍子に話がまとまりました。

みなさん本になったのはもちろん、販売するということでかなりやる気になっていて、編集者って、こういう形で人の役に立つことができる仕事なんだなあとうれしくなった出来事でした。

どんな人が手にとってくれるか、当日が楽しみです!
会場でお会いしましょう!!

2020/01/09

シゴトとセイカツとワタシ #16「35歳からのハローワーク」に登壇します

岡山の衣服の企画会社イワサキケイコキカクの岩崎恵子さんが続けている
「シゴトとセイカツとワタシ」というイベントで、
「35歳からのハローワーク」についてお話させていただくことになりました。
申し込みはこちら


岩崎さんは、SAGYOという野良着ブランドや
みんふというパジャマブランドを運営されています。


日本のもの作りや、生産者さんたちの技術を
次世代に継承することを考えながら、事業化するという
ものすごく難しいミッションを、軽やかに、そして好奇心旺盛に
やられている姿に、いつも刺激をいただいています。


「35歳からのハローワーク」は、2017年からひっそりと
『仕事文脈』という雑誌で続けている連載です。



35歳以上で独立開業転職など、仕事を変えた人に話を聞くというもので、
今まで日本語教師、古本屋さん、福祉施設職員、
島に移住して仕事をつくり出した人、飲食業と、
いろんな方のお話を伺ってきました。



わたしは、2015年から17年にカナダに住んでいたのですが、
そのときに高校、大学、就職とライフコースが一本道ではなく、
働いてから大学に行ったり、
途中で大幅なジョブチェンジをしたりという生き方をしている人が多くて、
それに刺激を受けました。



わたし自身も帰国後、35歳で日本語教師をやってみたいと思い、
学校に通って資格を取って、フリーでライターと編集者をしながら日本語教師を始めました。



日本だと、35歳以上の求人はぐっと減ることが多いです。また、35歳以上の転職はかなりリスクがあると言われています。
しかし周りを見渡してみると、35歳以上で大きく生活を変えた人がたくさんいることに気づきました。


わたしはカナダでの経験を通じて、
新しく日本語教師をやってみようと思えました。
そこで、今度はわたしがいろんな人の経験をシェアすることで、
迷っている人や何かしたいと思っている人の、
生き方のヒントを提案するお手伝いができればと思いました。

なるべくこの連載では、ふだんメディアに登場しない市井の人の言葉を、
出来る限り編集しないでそのまま届けることを心がけています。


インタビューを受けるのが初めてという方は、
堰を切ったようにお話しされます。
仕事というのはその人の生き方に密接に関わっているものなんだなと、
インタビューするたび身が引き締まる思いになります。



このテーマでのイベントは初めてです。
わたし自身の経験も踏まえながら、
みなさんとこれからの働き方や仕事観について、
お話しできたらうれしいです

2020/01/01

2020年1〜2月の予定

(出店)
・1月19日(日)
文学フリマ京都 出店

ライターの江角悠子さんと、「京都くらしの編集室」名義で出ます。
ブース番号は「い-04」です。

江角さんは、京都の洋館への愛がつまった、洋館ZINEを出すそうです。
制作中の冊子を見せていただきましたが、かなり本格的で、普通に観光ガイドブックとして売れそうなクオリティでした。楽しみ!

わたしは、去年新長田のwaccaのライティング講座の参加者が作ったZINE「Herstory」を販売します。
本を1人の女性の人生に見立て、少女期〜老年期までの、ひとりひとりの人生の一こまが収められたエッセイ集です。
表紙の写真と制作をしてくださったちあきさんもお手伝いで来てくださる予定です。

・1月22日(水)
枡野書店一箱古本市に参加

歌人の枡野浩一さんがやられている阿佐ヶ谷の「枡野書店」で開催される一箱古本市に出ます。
枡野浩一さん、phaさん、小野美由紀さん、佐々木ののかさんと豪華メンバー。
平日ですがみなさん遊びにきてください。

(トークイベント)
・1月26日(日)
石引パブリック(金沢)で『よい移民』のトークイベント

「移民社会と向き合うために ーイギリス文化研究者2人の対話ー」
訳者の栢木清吾さんと金沢美術工芸大学の稲垣健志さんがお話しされます。
※わたしは行きません。

・2月1日(土) 14〜16時
カド(岡山)でイワサキケイコキカクさんが主催されている
「シゴトとセイカツとワタシ」に出演予定
申し込みはこちらから

https://shigoto-16.peatix.com/
「35歳からのハローワーク」について話します。
※当日『仕事文脈』も販売予定

・2月1日(土) 19時30分〜21時
「移り住むこと」太田明日香×青木真兵×青木海青子
@本屋ルヌガンガ(香川・高松)
『彼岸の図書館』の青木真兵さんと海青子さんといっしょに移り住むことについてトークします。