Information


2020/01/26

迷走中

去年から迷走中。

2年前の日記見たら、全然違うこと書いてあってびっくりした。
そのときはカナダに住んでいて、ライターと編集者でこれ以上何か成果を求めるようなやり方はやめようとか、人生は何か成し遂げるためのものや幸せになることが目的ではなく、今を生きることに価値があるとか書いてあった。

多分、カナダっていう違う土地にいて、自分がこれまでと同じような働き方や感覚でいたら精神的によくないと思って、違う生き方を探していたんだと思う。
でも、やっぱり日本に帰ってきたら、がんばって成果出さないとっていう圧が強いから、それに飲み込まれそうになってる。

自分が人や環境に振り回されすぎ。
じゃあ、自分にとって価値のあることってなんなんだろう?

Sさんと話していたときに、「太田さんは自分の作った本とか書いたもので、どんなふうになったらいいと思ってるんですか」って聞かれたときに、
「人に何か行動を起こさせるのがいい文章とか本だと思う」って言った。

「人に何か行動を起こさせる」っていうのは、食レポなら「あれ食べたい」「あそこ行きたい」だし、本ならその人がぼんやり考えていたことや迷っていることの背中を押せるようなもの。

行動を起こさせるテクニックっていっぱいある。
「お前らまだそんなことやってるの?早くこっちこいよ」って煽ったり、
罪悪感をかうえつけたり、コンプレックスを刺激したりするとか。
多分そっちの方が効果は高いし早いけど、
でも、自分はそういうことはしたいと思わない。

わたしは、一歩踏み出せない人を励ましたい。
今の社会に疑問をもったり生きにくいと思っている人に、
二元論とか陰謀論に陥らずに、世の中の歴史とか社会の制度をわかりやすく説明して、ヒントを与えるようなものを作りたい。
1か0かじゃなくて、間をつなぐようなもの、
間で迷っている人が、迷いながら日々の生活をよりよくできるようなものを作りたい。


Sさんにそういうところが「太田さんの作家性だと思う」って言われて、目からうろこが落ちた。

作家って、創作をやるとか、出版社から依頼を受けて何か書くとか、大きいメディアになんか書くことだと思ってたから。
けど、そういうことじゃないんだ。
職人かとか
作家っていうのは、何を作ってるかだけじゃなくて、
やり方だったり、その根底に流れるものが何かってことも含むんだ。
それが世の中にこの人しかいないって認められたとき、人は作家とか、作家的と呼ばれるんだと思う。

そしたら、自分の仕事の中には今も作家的にやっている仕事と、受注仕事の2つがある。
それを無理に、職人か作家って分ける必要はないんだなと思った。

2020/01/25

作家になりたい?

すごい前のnoteにも書いたんだけど、自分が本を出してから、
作家なのか職人なのかわかんなくて、方向性を悩んでた時期があった。
っていうか、まだ悩んでる。
前に書いたブログでも作家になりたいって書いた。

作家になりたい、っていうかもう一回本を出したい。
もう一回本を出すために何をしたらいいんだろうってずっと考えていた。
最初は今連載中のHello folksをどこかの出版社に持ち込んでと思っていたけど、
3社以上持ち込んだけどあまりいい返事をもらえなくて、いったん仕切り直すことにした。

じゃあ、どうやったらまた本が出るんだろう、なんで評価されないんだろうってそればっかり考えて、12月は気持ちの上げ下げがひどくて、自分でもコントロールできなくて、ほんとに苦しかった。
年始にもの落したりお金落したり、お腹壊したりと立て続けにあって、気持ちが上げ下げしていたのがす〜って元に戻って普通になった。

この間たまに会うSさんに仕事の棚卸しをちょっと手伝ってもらった。
話している間に、

っていうか、わたし、本当に本を出したいのかな?

って気持ちが出てきた。ただ、『愛と家事』が一部断裁になったことで、
むきになっているだけじゃないって思った。

そういえば、元々『愛と家事』は最初300部の自費出版だった。
それが増刷して、運良く書籍化っていう流れになったのだった。
編集担当の人に、『愛と家事』は本っていうより、「自主製作のEPが話題になり、マイナーレーベル(創元社)でLPレコードになった一枚のイメージ」って言われたことがあった。

そうだった!

そもそも『愛と家事』の内容がメジャーになるなんて思ってなくてだから自主制作版で出したんだった。

忘れてた!!

欲と嫉妬って恐ろしいな。
そっか、メジャーデビューって、そういうメジャーにがんがん売れて行くものと一緒の土俵に乗って、同じようにランクで評価されるものなんだ。
なんか厳しい世界だな。
でもそういうの、頭でわかってたはずだけど、心はなかなか納得しないな。
やっぱり辛いものは辛いし、悔しいものは悔しい。

もう一回やっぱり本出せるようになりたいな〜。

2020/01/18

1/19文学フリマ京都に出ます

みやこめっせで開催される文学フリマ京都に、フリーライターの江角悠子さん(@ezu1030 )と一緒にでます!


江角さんの京都の洋館ZINEがガイドブック並にすごくて、
洋館好き、京都好きの方にはかなりオススメ!
https://w-koharu.com/archives/20190

わたしは新長田のシングルマザーや女性支援団体のWaccaのみなさんと
一緒に作ったZINE『Herstory』を持って行きます。

HerstoryはHistoryのもじりで、さまざまな女性の幼年期から晩年期にいたるまでの人生の一こまが描かれています。
一冊の本でまるで一人の女性の人生のようにも読めます。

この本を作ったのは、Waccaさんでライティング講座をさせてもらったのがきっかけです。
WaccaさんにはDVや離婚、引きこもりなどいろんな経験をした女性が集まります。みなさん辛い体験をするなか、自分の過去を客観視したり、手放すきっかけに「書くこと」が何か力になるのではないのか、ということで講座をさせてもらいました。

自分の人生を振り返るワークをすると、みなさん人生の中でこのことを書きたい! というシーンをお持ちで、そこを膨らませて書いてみてくださいとアドバイスしました。

どれも短いながらも、その人が生きている!ということが感じられる文章ばかりでした。
みなさんやる気で、せっかくなので本にまとめようということになり、そしたら文フリで売ってみよう!ととんとん拍子に話がまとまりました。

みなさん本になったのはもちろん、販売するということでかなりやる気になっていて、編集者って、こういう形で人の役に立つことができる仕事なんだなあとうれしくなった出来事でした。

どんな人が手にとってくれるか、当日が楽しみです!
会場でお会いしましょう!!

2020/01/09

シゴトとセイカツとワタシ #16「35歳からのハローワーク」に登壇します

岡山の衣服の企画会社イワサキケイコキカクの岩崎恵子さんが続けている
「シゴトとセイカツとワタシ」というイベントで、
「35歳からのハローワーク」についてお話させていただくことになりました。
申し込みはこちら


岩崎さんは、SAGYOという野良着ブランドや
みんふというパジャマブランドを運営されています。


日本のもの作りや、生産者さんたちの技術を
次世代に継承することを考えながら、事業化するという
ものすごく難しいミッションを、軽やかに、そして好奇心旺盛に
やられている姿に、いつも刺激をいただいています。


「35歳からのハローワーク」は、2017年からひっそりと
『仕事文脈』という雑誌で続けている連載です。



35歳以上で独立開業転職など、仕事を変えた人に話を聞くというもので、
今まで日本語教師、古本屋さん、福祉施設職員、
島に移住して仕事をつくり出した人、飲食業と、
いろんな方のお話を伺ってきました。



わたしは、2015年から17年にカナダに住んでいたのですが、
そのときに高校、大学、就職とライフコースが一本道ではなく、
働いてから大学に行ったり、
途中で大幅なジョブチェンジをしたりという生き方をしている人が多くて、
それに刺激を受けました。



わたし自身も帰国後、35歳で日本語教師をやってみたいと思い、
学校に通って資格を取って、フリーでライターと編集者をしながら日本語教師を始めました。



日本だと、35歳以上の求人はぐっと減ることが多いです。また、35歳以上の転職はかなりリスクがあると言われています。
しかし周りを見渡してみると、35歳以上で大きく生活を変えた人がたくさんいることに気づきました。


わたしはカナダでの経験を通じて、
新しく日本語教師をやってみようと思えました。
そこで、今度はわたしがいろんな人の経験をシェアすることで、
迷っている人や何かしたいと思っている人の、
生き方のヒントを提案するお手伝いができればと思いました。

なるべくこの連載では、ふだんメディアに登場しない市井の人の言葉を、
出来る限り編集しないでそのまま届けることを心がけています。


インタビューを受けるのが初めてという方は、
堰を切ったようにお話しされます。
仕事というのはその人の生き方に密接に関わっているものなんだなと、
インタビューするたび身が引き締まる思いになります。



このテーマでのイベントは初めてです。
わたし自身の経験も踏まえながら、
みなさんとこれからの働き方や仕事観について、
お話しできたらうれしいです

2019/12/31

2019年のお仕事まとめ

writing)
好書好日
1月 『まともがゆれる』木ノ戸昌幸さん
「失敗しても大丈夫! 木ノ戸昌幸さん「まともがゆれる」に学ぶ力を抜いて生きるコツ」

3月 「無数の意味に絡めとられた女性像を解きほぐす 「信仰」#3 谷澤紗和子×藤野可織展」

5月 『ヤンキーと地元』打越正行さん
「沖縄の若者たちの「地元」、先入観なく見続けた10年の成果 打越正行さん「ヤンキーと地元」」

8月 「映画「天気の子」、民俗学で読み解いてみると…… 民俗学者・畑中章宏さんに聞く」

10月 「『日本のヤバい女の子』はらだ有彩さん×『美容は自尊心の筋トレ』長田杏奈さんトークイベント 自尊心の種火を消さないで静かに抵抗する方法」

https://editota.com/tag/%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5/page/2/

ここここ
1月 服部天神で喫茶店ピーコックを営むうえしばえいじさんインタビュー

7月 谷町6丁目で2畳大学やコワーキングスペース往来を運営する梅山晃佑さんインタビュー

https://editota.com/?s=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93


連載
Hello folks
サウダージブックスのウェブマガジンで、カナダ滞在記を書いています。
挨拶、空港、食べ物、コミュニティセンターで出会った日系人といった身近なことから外国人になることについて書いています。
https://www.saudadebooks.com/blog/categories/hello-folks

仕事文脈
35歳以上で仕事を変えた人に話を聞く連載
14号 島で仕事をつくる
15号 飲食店経営
https://editota.com/?s=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%96%87%E8%84%88


その他
3月 『出版ニュース』「編集者の日録」に働き方についての文章を寄せました。
加筆してnoteに掲載しています。
https://note.com/kokeshinikki/n/nc1d96014d0b7

6月 『PHPスペシャル』特集「いいことも悪いことも自分が決める」に記事を書きました。
https://editota.com/2019/06/20/494/ 

10月 ALL NIGHT HAPS 2018 「信仰」アーカイブ冊子に文章を寄せました。
https://editota.com/2019/10/16/all-night-haps-2018-%E3%80%8C%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%80%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E5%86%8A%E5%AD%90%E3%81%AB%E6%96%87%E7%AB%A0%E3%82%92%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/


(book)
10月 『彼岸の図書館』に青木真兵さんとの対談が掲載されました。
https://editota.com/2019/10/04/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%8E%B2%E8%BC%89-12/



edit
6月 ニケシュ・シュクラ編、栢木清吾訳『よい移民』
https://editota.com/2019/08/01/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%9C%AC%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

12月
『よごされた地球★たのしく学ぶ、これからの環境問題シリーズ』全3巻を編集しました。
https://editota.com/wp-admin/post.php?post=730&action=edit



seminer
・3月 女性のチャレンジ応援講座 @奈良 奈良女性センター
仕事についてのお話と、少しみなさんで自分たちの人生を振り返るワークをしました。


3月 ライターお悩み相談室 @京都 下鴨デリ
ライターの江角悠子さんが月一で主催されている「ライターお悩み相談室」のゲストに出ました。

・4月 奈良で読書会開催@奈良 雨の日製作所
奈良で移動古本屋をしているneniqriさん主催で読書会と、お話会。
読書会はみんなで『愛と家事』を読む予定です。


・7月〜11月 「私を表現する」@新長田 wacca
新長田にあるシングルマザーの就業支援や子どもの学習支援をしているWaccaさんでライティング講座をしました。
表現することで、自分と向き合うという内容です。ZINE作成まで行い、2020年1月19日の文フリ京都で売る予定です。

(event)
・1月 文学フリマ京都かぞくって、なんだろう展?」で出店

・2〜3月 うちへそとへ展@和歌山 プラグ、鳥取 汽水空港
女性4人による作品展。『ふつうの非婚出産』櫨畑敦子さん、『めためたドロップス』寄稿者の奈良絵里子さん、日常記憶地図のサトウアヤコさんと絵や詩や小説やエッセイの展覧会をしました。

・9月 文学フリマ大阪「ヤキトリ倶楽部」で出店

・11月 ふうせんかずら一箱古本市で出店@奈良 ふうせんかずら

(media)
・6月 『好書好日』で平野愛さん「私を本屋に連れてって」に登場しました。

毎回素敵なゲストとステキな本屋さんに行く連載。他の回もとってもいいです。
https://editota.com/2019/06/07/%E3%80%8E%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-7/

その他
名前の出ない校正のお仕事もいくつかしました。