Information


2020/03/29

ブローレンヂ智世さん『ワンピースで世界を変える!』の制作をお手伝いしました

📗制作をお手伝いしたブローレンヂ智世さんの『ワンピースで世界を変える!』が出版されました✒️

専業主婦から人脈、ノウハウなしで、
男性も着られるワンピースやスカートを作るファッションブランド
ブローレンヂを立ち上げた智世さんが、
東京大学安田講堂でファッションショーを開くまでの歩みを綴った
起業エッセイです。

私はこの本で、いわゆる「ブックライティング」というのをしました。
ブックライティングは、丸々一冊著者さんに取材し、
構成や文章を執筆するお仕事。

ブックライティングというと、上阪徹さんが有名。
著者に取材し、著者の言葉を噛み砕き、よりわかりやすく伝えるいわば
「本を書く」プロ。
http://uesakatoru.com/

昔はゴーストライターって言って、名前も出ないことが多かったようですが、
今では二人三脚で一緒に本を作るパートナーのような存在として、
目指される方も多いそうです。
https://bookwriter.co.jp/
上阪さんは月一本のペースでお仕事しているそうで、スゴイ・・・。

私はもちろん一人で書き上げた訳ではなく、
智世さんや編集者の小野紗也香さんと3人で、
ああでもないこうでもないと言いながら作り上げました。

今回やってみて、一冊の本を書き上げるって、
ほんと大変だなと思いました。
ちゃんと数えてないけど、多分4万字くらい書いていて、
そんなに長いものを書いたのはほぼ初めてかも。
取材して、テープ起こしして、構成を考えて、資料を集めて、執筆して・・・。
テープ起こしは外注できても、それ以外は私の仕事
書くのは時間がかかるのはもちろんですが、
それ以外の構成を考えたり、資料を集めたり、業界事情を勉強するのがめっちゃ時間かかりました。
執筆は、日本語学校の授業がないときに集中して毎日書いていたので、
1日10時間かもっと。
ずっと書き続けるって、すごく疲れました。
きっと上阪さんだったらもっとスイスイ書けるんだろうな。
一回ならできても、これをルーティーンのようにこなすってできないかも。
本当に尊敬します。

書く上で悩んだことはいくつかあって、いちばんは構成と文章のトーン。
ビジネス書をあまり読んだことがなかったから、
この機会に女性起業家のビジネス書を読んだり、
女性の小商いとか人生に関するエッセイを読んで、類書を探して、
トーンを探りました。
手探りだったので、小野さんとも相談しながら結局3回くらい書き直しました。

それから、業界の勉強も大変でした。
アパレル、女性装、起業、果ては智世さんの勉強していた
心理学の錯視についてなどなど。
全然知らない世界のことを知るのに本を読んだり人に会ったりと、
時間がかかりました。
ちゃんと数えてないけど、参考にした本は20冊以上になると思います。
すると、だんだん智世さんのおっしゃっていることの理解が深まり、
書けそうかもって手応えが得られるようになりました。

最後の難関が表現に関すること。
小野さんから、一エピソードごとに緩急をつけて小説ぽくしてほしい
と言われ、それで頭をものすごく悩ませました。
だって今まで小説なんか一回も書いたことないもの!!
一回もっていうのはちょっと嘘で、
趣味程度では書いたことはありましたが、
そんなの私小説みたいなもの。
自分のことだから登場人物の気持ちはわかるし、話だって自分のこと。
でも、これは違う。
どうやって書いたらいいんだろうと途方にくれました。
描写だって、これまでライターの仕事で書いていたような、
インタビューをまとめたようなものや、説明的な描写ではなく、
映像が目に浮かぶような感じにしなければいけません。

どうやって書いたらいいのか悩みすぎて、ヒントをもらいに
小説家の寒竹泉美さんの小説講座に行ったりもしました。
http://www.sakkanotamago.com/
寒竹さんが、「小説はゼロから組み立てる」とおっしゃっていたことで、
「逆に私は材料が揃ってるから、それを文章に落とし込めばいいんだから
どうにかなるかも」と思って楽観的になれたり。
(小説を書く講座だからこんな感想は邪道だったらごめんなさい)

ちょうどライターの江角悠子さんもいらっしゃっており、
お互いブックライティング中で励ましてもらったりしたことも
今は懐かしいです。
ttps://w-koharu.com/
ちなみに江角さんが手がけられた『亡くなった人と話しませんか』という本は
一足早く刊行され、大ヒット中だそうです。

智世さんの気持ちを想像したり、行ける場所には行ってみたり、
どうしてもわからないところは改めて智世さんに取材したりしながら、
なんとか形にしました。

そこからさらにまた3人で文章をブラッシュアップ。
こうしてできたのがこの本です。
こんな風に本を作るのは初めての経験で、
本って、著者の名前は一人でも、
その裏には多くの人の力があってできているんだなって改めて思いました。

すごく大変だったけど、いろんなことが知れたし、
長い文章を書く経験にもなって、
本当にお引き受けしてよかったなと思います。

機会があったらまたブックライティングにも挑戦してみたいな。

興味持たれた方はぜひこちらから。試し読みもできます。
https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4064

| |
2020/01/09

シゴトとセイカツとワタシ #16「35歳からのハローワーク」に登壇します

岡山の衣服の企画会社イワサキケイコキカクの岩崎恵子さんが続けている
「シゴトとセイカツとワタシ」というイベントで、
「35歳からのハローワーク」についてお話させていただくことになりました。
申し込みはこちら


岩崎さんは、SAGYOという野良着ブランドや
みんふというパジャマブランドを運営されています。


日本のもの作りや、生産者さんたちの技術を
次世代に継承することを考えながら、事業化するという
ものすごく難しいミッションを、軽やかに、そして好奇心旺盛に
やられている姿に、いつも刺激をいただいています。


「35歳からのハローワーク」は、2017年からひっそりと
『仕事文脈』という雑誌で続けている連載です。



35歳以上で独立開業転職など、仕事を変えた人に話を聞くというもので、
今まで日本語教師、古本屋さん、福祉施設職員、
島に移住して仕事をつくり出した人、飲食業と、
いろんな方のお話を伺ってきました。



わたしは、2015年から17年にカナダに住んでいたのですが、
そのときに高校、大学、就職とライフコースが一本道ではなく、
働いてから大学に行ったり、
途中で大幅なジョブチェンジをしたりという生き方をしている人が多くて、
それに刺激を受けました。



わたし自身も帰国後、35歳で日本語教師をやってみたいと思い、
学校に通って資格を取って、フリーでライターと編集者をしながら日本語教師を始めました。



日本だと、35歳以上の求人はぐっと減ることが多いです。また、35歳以上の転職はかなりリスクがあると言われています。
しかし周りを見渡してみると、35歳以上で大きく生活を変えた人がたくさんいることに気づきました。


わたしはカナダでの経験を通じて、
新しく日本語教師をやってみようと思えました。
そこで、今度はわたしがいろんな人の経験をシェアすることで、
迷っている人や何かしたいと思っている人の、
生き方のヒントを提案するお手伝いができればと思いました。

なるべくこの連載では、ふだんメディアに登場しない市井の人の言葉を、
出来る限り編集しないでそのまま届けることを心がけています。


インタビューを受けるのが初めてという方は、
堰を切ったようにお話しされます。
仕事というのはその人の生き方に密接に関わっているものなんだなと、
インタビューするたび身が引き締まる思いになります。



このテーマでのイベントは初めてです。
わたし自身の経験も踏まえながら、
みなさんとこれからの働き方や仕事観について、
お話しできたらうれしいです

2019/12/31

2019年のお仕事まとめ

writing)
好書好日
1月 『まともがゆれる』木ノ戸昌幸さん
「失敗しても大丈夫! 木ノ戸昌幸さん「まともがゆれる」に学ぶ力を抜いて生きるコツ」

3月 「無数の意味に絡めとられた女性像を解きほぐす 「信仰」#3 谷澤紗和子×藤野可織展」

5月 『ヤンキーと地元』打越正行さん
「沖縄の若者たちの「地元」、先入観なく見続けた10年の成果 打越正行さん「ヤンキーと地元」」

8月 「映画「天気の子」、民俗学で読み解いてみると…… 民俗学者・畑中章宏さんに聞く」

10月 「『日本のヤバい女の子』はらだ有彩さん×『美容は自尊心の筋トレ』長田杏奈さんトークイベント 自尊心の種火を消さないで静かに抵抗する方法」

https://editota.com/tag/%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5/page/2/

ここここ
1月 服部天神で喫茶店ピーコックを営むうえしばえいじさんインタビュー

7月 谷町6丁目で2畳大学やコワーキングスペース往来を運営する梅山晃佑さんインタビュー

https://editota.com/?s=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%93


連載
Hello folks
サウダージブックスのウェブマガジンで、カナダ滞在記を書いています。
挨拶、空港、食べ物、コミュニティセンターで出会った日系人といった身近なことから外国人になることについて書いています。
https://www.saudadebooks.com/blog/categories/hello-folks

仕事文脈
35歳以上で仕事を変えた人に話を聞く連載
14号 島で仕事をつくる
15号 飲食店経営
https://editota.com/?s=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%96%87%E8%84%88


その他
3月 『出版ニュース』「編集者の日録」に働き方についての文章を寄せました。
加筆してnoteに掲載しています。
https://note.com/kokeshinikki/n/nc1d96014d0b7

6月 『PHPスペシャル』特集「いいことも悪いことも自分が決める」に記事を書きました。
https://editota.com/2019/06/20/494/ 

10月 ALL NIGHT HAPS 2018 「信仰」アーカイブ冊子に文章を寄せました。
https://editota.com/2019/10/16/all-night-haps-2018-%E3%80%8C%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%80%8D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E5%86%8A%E5%AD%90%E3%81%AB%E6%96%87%E7%AB%A0%E3%82%92%E5%AF%84%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/


(book)
10月 『彼岸の図書館』に青木真兵さんとの対談が掲載されました。
https://editota.com/2019/10/04/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%8E%B2%E8%BC%89-12/



edit
6月 ニケシュ・シュクラ編、栢木清吾訳『よい移民』
https://editota.com/2019/08/01/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%9C%AC%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

12月
『よごされた地球★たのしく学ぶ、これからの環境問題シリーズ』全3巻を編集しました。
https://editota.com/wp-admin/post.php?post=730&action=edit



seminer
・3月 女性のチャレンジ応援講座 @奈良 奈良女性センター
仕事についてのお話と、少しみなさんで自分たちの人生を振り返るワークをしました。


3月 ライターお悩み相談室 @京都 下鴨デリ
ライターの江角悠子さんが月一で主催されている「ライターお悩み相談室」のゲストに出ました。

・4月 奈良で読書会開催@奈良 雨の日製作所
奈良で移動古本屋をしているneniqriさん主催で読書会と、お話会。
読書会はみんなで『愛と家事』を読む予定です。


・7月〜11月 「私を表現する」@新長田 wacca
新長田にあるシングルマザーの就業支援や子どもの学習支援をしているWaccaさんでライティング講座をしました。
表現することで、自分と向き合うという内容です。ZINE作成まで行い、2020年1月19日の文フリ京都で売る予定です。

(event)
・1月 文学フリマ京都かぞくって、なんだろう展?」で出店

・2〜3月 うちへそとへ展@和歌山 プラグ、鳥取 汽水空港
女性4人による作品展。『ふつうの非婚出産』櫨畑敦子さん、『めためたドロップス』寄稿者の奈良絵里子さん、日常記憶地図のサトウアヤコさんと絵や詩や小説やエッセイの展覧会をしました。

・9月 文学フリマ大阪「ヤキトリ倶楽部」で出店

・11月 ふうせんかずら一箱古本市で出店@奈良 ふうせんかずら

(media)
・6月 『好書好日』で平野愛さん「私を本屋に連れてって」に登場しました。

毎回素敵なゲストとステキな本屋さんに行く連載。他の回もとってもいいです。
https://editota.com/2019/06/07/%E3%80%8E%E5%A5%BD%E6%9B%B8%E5%A5%BD%E6%97%A5%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-7/

その他
名前の出ない校正のお仕事もいくつかしました。

2019/11/27

お仕事依頼について

こんにちは。
お仕事を頼んでみたいな〜と興味を持ってくださった方、
こちらのページを訪ねてくださってありがとうございます。
とってもうれしいです。

いきなりライターに仕事を頼むなんて!  と思っている方もいるかもしれません。
簡単な料金の目安と、どんな仕事ならお引き受けできるかをまとめました。

もちろん、料金についてはあくまでも目安です。
「太田さんに頼みたい!でも予算が…」、そういった場合でもご相談ください。一緒に実現できる方法を考えていきましょう。

・執筆
1)インタビュー、座談会、イベントレポートなど
  5000字程度で3万円〜(目安)
※取材時間が長引く場合、資料購入が必要な場合実費をいただくこともございます。
※交通費別途。
※カメラマンの紹介も可能です。基本的に撮影はしません。撮影込みの場合は追加料金をいただくこともございます。

2)エッセイ、書評など
  2500字程度で1.5万円〜(目安)
※媒体やテーマによっては条件に合わなくても検討したいと思います。
また、文フリや一箱古本市に出る方が作る小冊子やZINEなどにも寄稿していきたいので、お気軽にお問い合わせください。

3)ルポ
今ある出来事や考え方の根っこには、これまでの歴史や現在の社会問題が関係していると思います。
自分の興味、関心を持ったことに対して、インタビュー、フィールドワーク、文献を調べるなどして、自分なりのアプローチで解き明かしたいと思っています。
今は2015年から2年間住んだカナダについての連載をしています。

ほかに興味あるのはこんなテーマです。
・海外ぐらし、海外からの移民、海外移住 ブログを参考にしてください
・生き方
・今は衣服、食や料理といった生活のことについて興味があります
※載せてくださるメディアの方がいらっしゃったらご連絡ください。

・セミナー
今までこのような会をやってきました。
 ・『愛と家事』を読む小さな読書会、お話会(5〜10人程度)
 ・書くことや本を作ることについての講演会
 ・参加者が実際に文章を書いて、1冊にまとめる講座

※公共機関や法人が主催される場合は、2時間3万円〜でお願いします。
※個人や書店様が主催される場合は、まずはご相談ください。実現できる方法を一緒に考えていきましょう。

編集
・書籍編集、校正については新たなお仕事は受け付けておりません。
・冊子・カタログ編集についてはまずはご相談ください。執筆も可能です。
※遠方の2泊以上の泊まり取材ができる期間は3月末と9月末です。
※撮影、デザインはできません。ご紹介は可能です。
※企画〜発行まで最低3か月の余裕をもってください。ボリュームにもよりますが、それより短い期間ですとお引き受けするのは難しいです。

2019/11/26

はじめまして

このブログへようこそ。

関西でフリーランス編集者・ライターをしている太田明日香です。

といっても初めてこのブログをご覧になる方は何者?
って感じだと思うので、自己紹介します。

・わたしのこれまで
1982年生まれ、淡路島出身。
どこ? って感じの方は今すぐ日本地図を見てください。
兵庫県ですよ! 小豆島とちがいますよ!! 兵庫県!!

いくつかの出版社で非正規で働いたのち、2011年に大阪でライター、編集者として独立しました。

・今までやった仕事
もともと書籍編集者になりたくて、2012年に初めて企画と編集をした『戦争社会学ブックガイド』が出ました。

その後、福祉施設の雑貨がかわいい!と思い、このかわいさを世の中の人に知ってほしいと、名古屋のライター・デザイナーの伊藤幸子さんと一緒に、2013年に初めての共著『福祉施設発! こんなにかわいい雑貨本』を作りました。

もっと自分でも文章を書いてみたいと、2016年には自費出版で『愛と家事』を出版したり、それが2018年には創元社から書籍化されたりました。

編集以外に、ライターの仕事もやっています。
インタビュー、エッセイの仕事が多いです。

代表的な記事はこちらから

https://book.asahi.com/writer/11002105

https://www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2018/11/14/110000

自分の気持ちを書くだけではなく、そういう問題の根っこには歴史や社会問題が関係しているという思いがあります。
それに対して、インタビュー、フィールドワーク、文献を調べるなどして、自分なりのアプローチで解き明かしたいと思っています。

今はこちらで、2015年から2017年まで滞在したカナダについてのエッセイを連載中です。

https://www.saudadebooks.com/blog/categories/hello-folks


・一体何屋さん?
こんな感じで、いろいろやっているので、何屋さん? と聞かれることもよくあります。
簡単に言うと、本作りに関わる企画、編集、ライティング、校正、出版イベント運営といった工程を一通り手がけています。

・仕事への思いについて
本や文は人の居場所だと思います。
困ったとか、これが知りたかったとか、自分もそうだったとか、そういうときに味方になれる本を作ったり文章を書いたりしたいです。
それから、社会の中で存在が忘れられたり、見えなくされている人の居場所になるような本や文を書いて作っていきたいです。

・ほかにもこんなことも…
配偶者の都合で2015年から2017年までバンクーバーに住んでいました。
現地では1年間はビザがなくて専業主婦をしていましたが、2年目からは地元の八百屋さんで働いていました。

わたしの仕事の原点には人の居場所を作りたいというのがあります。
言葉は居場所のいちばんの根っこです。
自分がカナダに住んで、いろんな人に優しくしてもらったり助けてもらったおかげで、英語が下手でもなんとか乗り切ることができました。
日本にも外国の人が増えているというニュースを見て、自分がこんどは手助けしたいと思うようになりたいと思い、日本語教師の資格を取ることにしました。
今は非常勤ですが、日本語の先生もやっています。

編集者・ライターと日本語教師の二足のわらじで生活しています。

フリーライターの仕事術については、noteでも書いています。

https://note.com/kokeshinikki/n/nc1d96014d0b7