ただいま編集中

🍟みなさん、イギリスの食文化といえば何を思い浮かべますか?

紅茶?スコーン ?

それもいいけど、忘れてはいけないのが、フィッシュ・アンド・チップス!!🐠

パニコス・パナイー のフィッシュ・アンド・チップスについての集大成的な本が、この夏いよいよ翻訳されます。



訳者は『よい移民』を翻訳した栢木清吾さん。

紅茶やスコーンと違って、フィッシュ・アンド・チップスにまつわる文章は少ないようです。イギリスの国民食がどのように作られていったのか、英国食文化史に迫ります。

本の表紙の絵はイギリスの炭鉱画家ノーマン・コーニッシュさんによるものです。